中華料理、特に中国の南地域の料理を中心としている中華料理屋では、

小籠包という一品が必ずメニューに載っています。

小籠包は主食ではなく、点心の一種類として知られています。

おもに豚のひき肉をうすい小麦粉の皮で、包んで蒸籠蒸しした包子であり、

特徴として薄皮の中に具と共に熱いスープが包まれています。

なぜ小籠包はこんなに有名になったでしょう。

もちろん、小籠包が美味しいというまでもないですが、

美味しさだけではなく、値段もすごく安いです。

つまり、美味しいものをいかに安い値段で提供するには成功しています。

もともと、小籠包は上海からの発祥ですが、現在、中国本土だけではなく、

海外に行っている華人によって、世界中にも広がっています。

 たまには安くて美味しい小籠包はいかがでしょうか。

11 300x181 中華料理の小籠包