aa64034f78f0f7361f293dbb0955b319eac413b0 日中の同形類義語

 日本語と中国語は、「手紙」のように同じ形(✿繁体字と簡体字の区別はあるが)をしている単語がたくさんあります。しかし、日本語の「手紙」は「レター」の意味で、中国語の“手纸shou3zhi3)”は「トイレットペーパー」の意味です。これは同形異義語と言って、インパクトが強いため、学習者が逆に覚えやすいです。学習者にとって習得が難しいのは同形類義語です。同形類義語というは、形が同じで、意味の一部が重なっているが、両者の間にずれがある語のことです。以下は、例を挙げながら説明したいと思います。

 

1.意味の一部しか重なっていない場合。

左右(さゆう)➡ ①右と左。 

         ②身の回り。そば。「良書を左右に置く」

         ③はっきりしないこと。「言を左右にする」

         ④支配する。「株価を左右する」

左右(zuo3you4➡①右と左。

      ②そば近くに仕える人。

      ③支配する。

      ④ぐらい、前後、約。(看上去五十岁左右。見たところ五十ぐらいの年格好)

      ⑤副詞。いずれにしても。

例を見て分かるように、両者は「右と左」、「支配する」という意味では対応しているが、またそれぞれの特有の意味用法もあります。

 

2.意味は同じだが、品詞が違う場合。

愛好(あいこう)➡音楽を愛好する。

爱好ai4hao4 ➡①趣味。(他的爱好是音乐。彼の趣味は音楽です。)

         ②好む。(爱好和平。平和を愛する。)

日本語の「愛好」は動詞として使われているが、中国語の“爱好”は主に名詞として使われます。“爱好”動詞として使われる場合もあるが、「愛好」より範囲が広いです。

 

3.意味は同じだが、使われる範囲が違う。

公園(こうえん)公园gong1yuan2

辞書で調べると意味も品詞も同じようにみえます。しかし、日本では大きい公園もマンション敷地内の小さな公園も「公園」と呼ばれるのに対して、中国では大きい公園のほうしか使われていません。

 

注:例文は『小学館中日辞典』『小学館日中辞典』から引用

    写真はbaidutupianより