中国の七夕(旧暦77日)

 日本と同じように、中国でも毎年7月7日は「七夕(qi1 xi1)」です。ただ、中国の「七夕(qi1 xi1)」は旧暦の7月7日です。「七夕(qi1 xi1)」は織姫と彦星のラブストーリから由来し、中国の伝統的なバレンタインデーと言われ、恋人同士は祝い事をします。それに恋人同士だけでなく、まだ恋人できていない女の子もこの日に、織姫のような美しい人になるよう、そして彦星のような愛情に忠実な恋人に出会えるようにと祈ります。

中国のバレンタインデーは「七夕(qi1 xi1)」だけでなく、西洋の影響で、西暦2月14日も重要な恋人の日になっています。そして、近年、新しいバレンタインデーが流行っています。それは西暦5月20日、あるいは5月21日です。人によってはちょっと違いますが、どちらかになっています。なぜ5月20日か5月21日かというと、「520」と「521」の発音は「我爱你(wo3 ai4 ni3)」(愛している)の発音と似ているからです。多くの恋人は記念として、その日に婚姻届けを出したりします。また、「微信(wei1 xin4)」支払いの便利さを借りて、恋人に特に男のほうが女の子に、520元あるいは521元をプレゼントするのも流行っています。そういえば、中国の恋人、特に男性は大変ですね。いろんなバレンタインデーがあって、その上、いくつかの記念日もあるので、財布が寂しくなりますね。

 中国の七夕

ある女性が「微信(wei1 xin4)」で恋人に520元をプレゼントにした。「大好きなあなたに」って。

注:写真は「百度」検索より