91ecf97e6810ac666a0d7c75c7ffa75d1 300x180 中国でのシェアサイクル

皆さん、「シェアサイクル」という言葉を聞かれたことありますか?

「シェアサイクル」とは最近中国にて話題となっているシェアリングエコノミーの一種として始まった自転車のシェアリングのことです。中国語では「共享单车(gong4xiang3dan1che1)」と言います。

この中国発の「シェアサイクル」は従来日本にあった自転車シェアリングとは少し違って、専用駐輪スペースをもたず、街のどこにでも自由に乗り捨てられます。利用者はスマホで最寄りの自転車を検索し、QRコードで解錠すれば即時使用でき、行きたい場所に着いたらそのまま捨てればいいです。この便利さに加え 、(企業によって少し違いますが)30分使用で0.5元(約8円)程度、一か月乗り放題のサービスを利用するなら、5元(約80円)程度で済むという激安な値段で、2016年に始まって以来、すぐ大ブームになり、この1、2年で急速に普及されました。一方、中国ではその便利さの裏側に、サービス利用においての様々なマーナ問題も社会問題として浮かびあがってきましたが、シェアサイクルの普及により、自動車の利用率が減り、渋滞や大気汚染の緩和にも役立つという様々なメリットがそのデメリットを大きく上回っていると言われています。

最近、日本でもこのシェアサイクルシステムが導入され始めたという話を聞きましたが、皆さんも機会があれば、一度利用してみてはいかがでしょうか。

写真は中研网(http://www.chinairn.com/)より